小松市議会議員片山しゅんじろうの日々

令和2年第3回小松市議会定例会 

令和2年第3回小松市議会定例会 

令和2年9月定例会一般質問

令和2年8月31日より小松市議会9月定例会が開催されています。8月31日に、市長の議案説明要旨、9月7日(月)8日(火)一般質問が行われました。
私は、初日の最後の質問者として登壇。発言を行いました。
 質問内容は
1. 地方独立行政法人(公立小松大学)の業務実績に関する評価結果について
2. 新型コロナウィルスのPCR検査について
 (1) PCR検査機器の活用と対象者
   ・適切な検査体制、このPCR検査機器を活用と
     PCR検査対象者の拡大がはかれるのか
   ・インフルエンザと新型コロナの同時流行の備え
   ・PCR検査や抗原検査を受ける費用の助成
 (2) 新型コロナウィルス感染拡がりでの不安
   ・誹謗中傷について(差別や偏見、社会の分断)
3.コロナ対策医療・介護等従事者への支援について
   ・市独自支援策について
4.コロナ禍における予防接種及びがん検診の状況について
 (1)コロナ禍での予防接種状況と新規予防事業について
 (2)がん検診の状況
    市長からは、公立小松大学についての所感とコロナ禍における中傷誹謗、フェイク等の人権侵害についての答弁を頂きました。
 

コメント



認証コード7180

コメントは管理者の承認後に表示されます。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional