小松市議会議員片山しゅんじろうの日々

予算・決算委員会総括質疑(片山委員)

予算・決算委員会総括質疑(片山委員)

よさこいソーラン

予算・決算委員会総括質疑(9月16日)
◆ 平成27年度小松市心身障害者医療費について
「やさしいまちづくり」助成対象者の所得制限の緩和を

Q助成対象の要件及び範囲''''
A 身体1級~3級、療育A,Bの手帳の方で、小松市は県の所得制限に準拠している。

Q所得制限の県内各市町の状況と条令の一部改正を''''
 県内9市町で所得制限あり、7市町は所得制限なし、今後の検討課題としていく。

◆ ごみ処理対策費費容器包装プラスチックの回収について
Qどれくらいの回収量、リサイクルの収入は''''
A 収集量は約580t、収入は160万円程度である。

Q 容器包装プラスチックごみとプラスチック・ビニール製品を一緒に出す人は多数、解りやすい広報と丁寧な対応を
A プラマークがついていれば対象になることを今後も周知を図っていく。

感想:
・身体障害者等の方々は、生命保険や疾病保険に入れない方が本当に多いのです。また、医療機関に行く回数も多く、所得制限のバア―が引くとせっかくの医療費の補助等の恩恵がなくなってしまいます。願わくは小松市はやさしいまちの先頭を走ってほしいものです。
・プラスチック包装品やビニール袋などの石油製品由来のものは、市中ではごみ出しの際、一括にてリサイクル分別して所定日に出している方が多く、しっかりした広報と分別対象への解り易さが必要と感じました。

コメント



認証コード3020

コメントは管理者の承認後に表示されます。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional